戦いの日々

f:id:miku392:20190609202508j:plain

相変わらず毎日戦っています。

 

さてさて。おはようございます、こんにちは、こんばんは。
お久しぶりです。3年生になりました、宮地真優です。今回のSARP vol.16『平家物語 REMASTER』では、出演者として関わらせていただきます。

今日も稽古はお休みで、昨日に引き続きノトススタジオでは香川県の高校演劇部による演劇研究会が開かれていました。
私は照明についていたのですが、初めて照明を触る子も多く、自分がフェーダーを動かすと明かりがつく、という現象に「おぉー」と感嘆の声をあげる子もいたり、「難しい!」と頭を抱える子もいたり、初オペに緊張する子もいたり、、、
なんだか初心を思い出しました。

みんな、青春してるなーとか思ったり。若いっていいなぁ。

さてさて、そんな高校生達。きっと今現在リアルタイムで源平合戦を勉強してる子もいるのかなー、とふと思い当たりまして。
私自身、日本史選択でしたので、かなーーーり勉強しました。でも、まだまだ全然勉強し足りなかったのだな、と痛感しております。知らないエピソード、人物がぽんぽん出てきます。恐ろしや、平家物語。歴史とも戦いの日々です。

ですが、勉強すればするほど、自分の身になり財産になり、言葉の重みに反映されるのはとても面白いです。

そして今回、初めて「語り」というものに挑戦しているのですが、これがとても難しいのです。景色や心情を、言葉として舞台にのせる。人物に寄り添い、その場の空気にのっかり、舞台全体を意識する。

なんだか、照明のオペをするときの感覚に似ている部分もあるなぁと勝手に思ったりしています。


そんな今回のSARP、先週の金曜日より予約開始しております!今回はSARP初の外部公演、愛媛の内子座公演もあるみたいですよ。
是非、お誘いあわせの上お越し下さい。お待ちしております!

 

長々と失礼しました。宮地でした!

 

 

 

公演詳細↓↓↓

四国学院大学アーティスト・イン・レジデンス・プログラム(SARP)vol.16
平家物語REMASTER』
監修・補綴:木ノ下裕一 / 演出:西村和宏 / 出演:四国学院大学学生

様々な歴史が語り継がれる日本に残る軍記物語の一つ『平家物語』。
描かれている名場面の多くが香川県高松市を舞台に繰り広げられている。
歌舞伎独自の表現方法を使い、古語と現代語で語り継ぐ。

四国学院大学アーティスト・イン・レジデンス・プログラム(SARP/サープ)とは】
四国学院大学の身体表現と舞台芸術マネジメント・メジャーの学生が主体となって制作する公演。毎回、プロの演出家・振付家が大学内の施設に滞在し、学生キャスト・スタッフとともに一般観客の鑑賞に耐えうるレベルの高い舞台作品を創作することを目指し、2011年度より年2回のペースで公演を行なっております。

【木ノ下裕一プロフィール】
監修・補綴/木ノ下歌舞伎主宰
1985年7月4日、和歌山市生まれ。小学校3年生の時、上方落語を聞き衝撃を受けると同時に独学で落語を始め、その後、古典芸能への関心を広げつつ現代の舞台芸術を学ぶ。2006年に古典演目上演の監修・補綴を自らが行なう「木ノ下歌舞伎」を旗揚げ。
代表作には『黒塚』『東海道四谷怪談ー通し上演ー』『三人吉三』『心中天の綱島』『義経千本桜ー渡海屋・大物浦ー』等。
2015年に再演した『三人吉三』にて読売演劇大賞2015年上半期作品賞にノミネート。2016年に上演した『勧進帳』の成果に対して、平成28年文化庁芸術祭新人賞を受賞。2018年には渋谷・コクーン歌舞伎『切られの与三』の補綴を勤めるなど、外部での古典芸能に関する執筆、講座など多岐にわたって活動中。

【西村和宏プロフィール】
演出家/サラダボール主宰/四国学院大学准教授/青年団演出部/ノトススタジオ芸術監督
1973年生まれ。兵庫県出身。
1999年より川村毅氏が主宰する劇団第三エロチカで俳優として活動。2002年にサラダボールを立ち上げ、以降全ての演出を手掛ける。2005年より平田オリザ氏が主宰する劇団青年団の演出部に所属。2011年より四国学院大学身体表現と舞台芸術マネジメント・メジャー(演劇コース)にて教鞭を執る。これを機に活動の拠点を香川に移し、地域での演劇教育や創作活動を行なう。瀬戸内国際芸術祭参加や小豆島の島民と『二十四の瞳』を創作するなど市民劇の上演や高校生・市民向けのワークショップを多数行っている。

【キャスト】
《1年生》木村伊蕗  椙田航平  福島優菜  安田有里
《2年生》大瀬戸正宗 門田優花  小林明葉  田中まみ  藤村未佳  藤本友惟
《3年生》江島慶俊  太田奈緒  大平峻世  川畑菜美  白石英流  堀慎太郎  宮地真優
《4年生》綾舞乃   白井誠也  竹葉香里  橋本潤   三好樹里香

【スタッフ】
《ドラマトゥルク》栂﨑朝香
《演出助手》高橋祐菜
《舞台美術アドバイザー》カミイケタクヤ
《舞台美術アドバイザー補佐》武智奏子
《舞台美術》松下朋香
《照明アドバイザー》西山和宏(ミュウ・ライティング・オフィス)
《照明》長尾淳美
《音響アドバイザー》児島塁
《音響》北本正弥
《制作》稲垣真悠 木村朱里 平石克昌
《チラシデザイン》平石克昌

【日時】
2019年7月
10日(水)19:00~ ★
11日(木)19:00~
12日(金)19:00~
13日(土)17:00~ ★
14日(日)14:00~
※受付開始は開演の60分前、開場は開演の30分前
★終演後に木ノ下裕一氏と西村和宏氏によるアフタートークあり

【料金】
《予約》一般:1,000円 / 学生:500円
《当日》一般:1,200円 / 学生:600円
※学生の方は当日受付にて学籍を確認できる証明証のご提示をお願いいたします。
※未就学児童はご入場できません
※NSメンバー対象公演

【会場】
四国学院大学ノトススタジオ(香川県善通寺市文京町3-2-1)
善通寺駅から徒歩8分/善通寺ICから車で8分
※学内駐車場あり(1日300円)

【ご予約・お問い合わせ】
四国学院大学パフォーミング・アーツ研究所(SIPA)
TEL/FAX:0877-62-2324(平日10:00~18:00)
E-Mail:sipa@sg-u.ac.jp
※E-Mailにてご予約の方は【お名前・フリガナ・日時・券種・枚数】を明記してください。

・予約フォーム
SARPvol.16『平家物語REMASTER』予約フォーム

【協力】
シバイエンジン ノトスプロダクション 阪本麻郁 仙石桂子
四国学院大学パフォーミング・アーツ研究所(SIPA)

【主催】四国学院大学

【共催】内子町教育委員