授業紹介「インテンシブ・ワークショップⅠ」 (講師:三浦大輔)

【演劇コース授業紹介⑯】


「身体表現と舞台芸術メジャー」「舞台技術・公演マイナー」「アーツ・マネジメントマイナー」「演劇ワークショップ実践マイナー」で行われている舞台芸術に関する様々な授業を写真とともにご紹介いたします。

 

インテンシブ・ワークショップⅠ」
講師:三浦大輔

 

今回は、5月21日~24日の4日間開講された、三浦大輔先生による「インテンシブ・ワークショップⅠ*」の授業の一部をご紹介します。
*インテンシブ・ワークショップⅠ:多彩な身体表現のプログラムに参加し、自己発見や他者とのコミュニケーション回路開発の方法などを学ぶ。とくに演劇に必要な身体表現は、今第一線で活躍中の演出家による集中的なワークショップを通して学んでいく。

 

[講師プロフィール] 

三浦大輔
脚本家、演出家、映画監督、劇団ポツドール主宰

1975年生まれ、北海道出身。1996年に演劇ユニット「ポツドール」結成。以降、全公演の脚本・演出を務める。2006年に『愛の渦』にて第50回岸田國士戯曲賞を受賞。近年の主な作品にBunkamuraシアターコクーン『禁断の裸体』(15年/上演台本・演出)、パルコ・プロデュース『母に欲す』(14年/作・演出)、『ストリッパー物語』(13年/構成・演出)など。映画監督作に映画「愛の渦」(14年/原作・脚本)、「ボーイズ・オン・ザ・ラン」(10年/脚本)、「何者」(16年/脚本)など。

 

この授業では、脚本家・演出家で映画監督の三浦大輔先生を迎え、「映像を前提とした演技」と「舞台を前提とした演技」の違いと共通点について考え、それぞれにとったリアルな演技とは何かを実践とフィードバックを繰り返しながら体験しました。

授業で使用する戯曲は、三浦先生が主宰する「ポツドール」で2007年に上演された『人間♥失格』。この戯曲から抜粋したシーンの一部を2人ペアで演じました。

授業の1・2日目はカメラの前で演技をすること自体が初めての学生が多かったため、実際にカメラの前と観客の前では意識にどのような違いあるのかを体感しながら演じ、「映画など映像の現場で必要とされるリアルな演技を身につける」ためには何が必要なのかを三浦先生から意見をもらいながら模索しました。

映像の場合は、微細な表情の変化まで捉えるくれるので、目線やしぐさなどより細かな表現にフォーカスをあて、実践に取り組みました。

また、カット割りをすることで、テンポが出てシーンが成立しやすくなるなど、映像ならではの良さも体験することができました。

3・4日目には「映像を前提とした演技」をカメラを通さず、舞台作品のように演じたり、逆に「舞台を前提とした演技」で映像を撮ったり、様々な方法で実験的に違いについて考え、意見を交わしながら、実践とフィードバックを繰り返しました。

また、実際にやっている時と、映像を自分で見てみたときの感覚の違いや見え方の違いを分析し、そのずれをいかに無くせるかについてグループごとに考察し、実践で試しながら、自分に必要な技術を模索しました。

自分が演じてみることで感じることや、他の人が演じているものを観客の目線から観て、“なるほど!”と感じることも多くあり、三浦先生からのフィードバックを聞きながら、さらにそれぞれの違いや演じる上でのコツを個別に細かく教えていただきました。

演技するということにおいては同じでも、技術的な面では、それぞれに求められるものが違い、そこを考え抜き、映像、舞台、それぞれの「コツ」をしっかりと掴める4日間になりました。

 

授業紹介「インテンシブ・ワークショップⅠ(講師:岩井秀人)」

【演劇コース授業紹介⑮】


「身体表現と舞台芸術メジャー」「舞台技術・公演マイナー」「アーツ・マネジメントマイナー」「演劇ワークショップ実践マイナー」で行われている舞台芸術に関する様々な授業を写真とともにご紹介いたします。

 

インテンシブ・ワークショップⅠ」
講師:岩井秀人

 

今回は、4月9日~12日の4日間開講された、岩井秀人先生による「インテンシブ・ワークショップⅠ*」の授業の一部をご紹介します。
*インテンシブ・ワークショップⅠ:多彩な身体表現のプログラムに参加し、自己発見や他者とのコミュニケーション回路開発の方法などを学ぶ。とくに演劇に必要な身体表現は、今第一線で活躍中の演出家による集中的なワークショップを通して学んでいく。

 

[講師プロフィール] 

岩井秀人
(劇作家・演出家・俳優・ハイバイ主宰)

2003年「ハイバイ」を結成。2007年より青年団演出部に所属。東京であり東京でない小金井の持つ「大衆の流行やムーブメントを憧れつつ引いて眺める目線」を武器に、家族、引きこもり、集団と個人、個人の自意識の渦、等についての描写を続けている。2012年『生むと生まれるそれからのこと』が、第30回向田邦子賞を受賞。2013年に『ある女』が、第57回岸田國士戯曲賞を受賞。https://hi-bye.net

 

この授業では、劇作家・演出家でありハイバイ主宰の岩井秀人先生を迎え、先生がライフワーク的に取り組んでいる企画「ワレワレのモロモロ*」に挑戦しました。

*ワレワレのモロモロ:参加者自身が「自分の身に起こった話を書き、演劇化する」という企画。

 

ワークショップ初日、「皆さんの身に起こった〈今でも許せねえ話〉や〈ひっどい目にあった話〉をたくさん聞かせてください」という岩井先生の言葉をきっかけに、学生たちは自身のエピソードを話し始めました。

だんだん家族や恋愛、幼少期の話から、純粋に自分が気になっていること、少しだけ後悔していること、人の生死に関することなど、普段一緒に過ごしていてもなかなか聞くことのない話題へ自然とフォーカスしていきました。



そしてそこからエピソードをピックアップし、実際にシーンとして立ち上げていく作業を行いました。

・その場には誰がいたのか
・どういった場所や状況、状態だったのか
・相手はどんな言葉を発して自分はどう感じていたのか

といった詳細を全体で共有したあと、まずは本人にその場面を演じてもらいます。
その他の登場人物も本人が選び、提示された情報をもとに短いシーンを即興で作りました。

何度か確認しニュアンスやタイミングを調整できたら、次は誰か別の人に代わってもらい、本人は外側から見ます。

最後はもう一度本人として登場し、あの時の自分が言いたかったけど言えなかった気持ちを本人役の学生のそばで吐露します。体験した学生は当時の感情を鮮明に思い出し、それに伴い身体の状態や呼吸が変化するのを感じたそうです。

過去と現在が目の前でリアルに交わっていく様子を、学生たちも興味深く集中して観ていました。

 

全4回の授業では、このようなシーンの立ち上げと発展を繰り返し行いました。

高校生の頃の話

美容室の話

おばあちゃんの話

 

最終日は2グループに分かれて、ひとつのエピソードをしっかりと創りこみました。
1度目の発表のあとには岩井先生からフィードバックをいただき、人物の配置やテキストの選定、全体の構成など、お客さんにどう見せたいかを重点的に考え直し、グループそれぞれでアイデアを出し合います。



そして2度目の発表。
どちらのグループにも工夫が見られ、1度目よりもグッと踏み込んだ面白いシーンができあがりました。

日常の些細な瞬間にこそ喜劇も悲劇も詰まっていると、学生たちは改めて気付くことができました。
そしてその日常から地続きに創作へ発展していけることを再確認でき、非常に有意義な4日間となりました。

 

 

 

『アリとネコとキリギリス』本番前日ドキドキわくわく

ついに直前まで迫った本番当日。

舞台を最大限まで高めるため、本番を想定した通し稽古や場当たりを入念に行なっています。

 

 

 

ブログをご覧の皆さん、こんにちは!!

制作スタッフ1回生の濱田です。

 

とうとう明日、ノトスキッズ公演『アリとネコとキリギリス』の本番を迎えるということで、稽古は最終段階に突入しました。

 

 

息を切らせながらも真剣に取り組むキャスト。

 

見に来てくださった方々たちを楽しませるため、演技に力が入ります。

 

 

振り付けを担当したのは、3回生の関口晴さんです。

キリギリス|ダンス役とも兼任しつつ、最後まで皆に気を配り、ダンス練習を引っ張ってくださりました。

 

明るくキャッチーなダンスに、制作チームとして写真撮影をしていても、思わずカメラを置いて、一緒に踊りたくなってしまいます。

 

子どもたちでも真似できるような振り付けもあるので、是非一緒に踊りましょう!

 

 

働き者のアリ一家とネコのおじさんのもとに現れた、ストリートミュージシャンのキリギリス3人組。

お腹が空いたので何か食べる物を恵んでほしいと懇願するキリギリスたち。

アリ一家は見かねて助けてあげることにしますが、そこに国を追われたバッタたちも転がり込んできます。

 

一体どうなる! 登場人物たちの、運命や如何に……!

 

 

 

子ども参加型演劇、ノトスキッズ公演『アリとネコとキリギリス』。
2024年6月1日、6月2日に、四国学院大学ノトススタジオにて上演します。

 

元気いっぱいで面白くて、ちょっとヘンテコ?

でも、どこか温かい。

 

歌あり、ダンスあり、あれもアリ、これもアリ。

親子で楽しめるストーリーとなっていますので、大人も子どもも、私たちと一緒に楽しみましょう。

 

 

それでは皆さん、ノトススタジオでお会いしましょう。

ラッキーデイ&ハッピーデイ!

 

www.notos-studio.com

綺麗に咲くように…

こんにちは!制作の久万田です。

 

本番まで1週間を切りましたね!

 

ドキドキハラハラとキャスト、スタッフは

稽古に作業とで忙しくしています。



 

本番を近日に控え、

稽古場では最後の仕上げに取り掛かっております。より一層緊張感のある稽古場になってきました。

 

 

 

 

小道具も着々と作業を進め、

何やら色を塗っている様子

 

 

試行錯誤を繰り返して

形になるものが次々と作り上がっていく

 

 

公演に挑む1人1人の努力で観覧に来られた方を

笑顔にしたいと思っています!

 

花に水をあげると綺麗に咲くように

歌で人が笑みを浮かべ綺麗に輝けるよう

良い公演にしたいとキャスト並びにスタッフは

本番まで今日も努力しています。

 

 

 

気になった方はぜひ足を運んでみてください!

劇場でお待ちしています!

 

公演詳細はこちら↓

www.notos-studio.com

 

 

気温も稽古もヒートアップ中

時間帯による寒暖差も日に日に無くなっていき、服装に悩む時間が減ってきた今日この頃。

皆さまはいかがお過ごしでしょうか?

 

こんにちは。

ノトスキッズ公演『アリとネコとキリギリス』

キャスト兼衣装・制作スタッフのお手伝いをしています、原と申します。

 

子ども向け演劇と謳っていますが侮ることなかれ。日々の稽古はなかなかハードなものとなっており、稽古前のアップは欠かせません。

笑顔も忘れずに。

体を動かす場面の稽古後は皆、汗だくです。笑顔がより一層の輝きを放っていますね。

 

子どもが楽しめるだけでなく、大人が思わず笑ってしまうような場面も沢山。稽古場では笑いが収まらず、キャストが動揺してしまうことも。

 

本番まで残り約一週間を切りました。

楽しく真面目に稽古に励みます。

皆さまのご来場、お待ちしております。

 

公演詳細・ご予約はこちら↓

www.notos-studio.com

本番まで…あと…??

ブログをご覧の皆さん、こんにちは
制作スタッフ1回生の川瀬です。

 

ノトスキッズ公演『アリとネコとキリギリス』の本番まで、残り1週間。
公演を楽しんでいただけるよう、日々試行錯誤を重ねながらも稽古を進めています。

ダンスシーンの稽古

本作は「アリとキリギリス」を題材にしたオリジナルストーリーです。働き者のアリの一家やカフェを経営するネコのおじさん、ストリートミュージシャンのキリギリスなど個性豊かなキャラクターが、子どもたちと意見を交わしながら物語が展開していきます。

 

そんな本作に欠かせないのが、物語の世界に観客を引き込む重要な要素となる舞台美術です。今回はありのおうちが舞台のため、ありの巣の中に入り込んだかようなセットが特徴です。

パネル組立

塗装中

パネルに布を貼り付け、質感の違うかわいい模様ができました。

布を貼るため、ボンド付け中

舞台美術に音楽、衣装などの要素が加わり、さらにイメージが具現化され、作品を盛り上げていきます。完成版は、劇場に来てからのお楽しみです!

ぜひ、劇場でご覧ください!

本公演は絶賛予約受付中です。

公演詳細・ご予約はこちら↓

www.notos-studio.com

アリのように真面目にコツコツと……。

ブログをご覧の皆さん、こんにちは!!
制作スタッフ1回生の濱田です。
 
5月も半分が過ぎ、暖かくて清々しい日が増えてきましたね。
洗濯物がよく乾くので、春の陽気を感じながらベランダでのんびりと服を取り込むのが毎日のささやかな幸せです。
 

 

ノトススタジオでは、ノトスキッズ公演『アリとネコとキリギリス』の稽古や公演準備が進んでいます。
 

2019年3月にシアターねこにて上演された『アリとネコとキリギリス』を私たち学生で再構成し、上演します。

 

働き者のアリ一家。
アリ一家によく出入りしている、ネコのおじさん。
ストリートミュージシャンのキリギリスたち。
国を追われたバッタたち。
そのほかにも……。

 

ユニークで個性的、ちょっとヘンテコ?なキャラクターがたくさん登場します!

 

歌あり、踊りあり、あれもアリ、これもアリ。
子どもたちが気軽にアートに触れられる、子ども参加型演劇の作品となっております。

親子で楽しめるストーリーとなっておりますので、大人の方も一緒に楽しみましょう!


ノトスキッズ『アリとネコとキリギリス』。
2024年6月1日、6月2日に、四国学院大学ノトススタジオにて上演します。

 

ぜひ観に来てください!
皆さまのご予約お待ちしております。


↓↓↓絶賛予約受付中です↓↓↓

www.notos-studio.com