忍び寄る、寒さと卒業

こんにちは!

4回生の小林明葉です。

 

残暑の暑さと朝晩の冷え込みがせめぎ合う今日この頃ですが、皆さまいかがお過ごしでしょうか?

私は夜の冷気に鼻をやられて、くしゅんくしゅんとしながらブログを書いております。

暑いのか寒いのかどちらかにしてほしい。

季節の変わり目ですので、皆さまもどうか体調にはお気をつけて…

 

 

 

さて前置きはこの辺りにしておいて、

本題に入りましょう。

 

 

いよいよこの時期がやって参りました…!

 

9期生の卒業公演です!!!

 

 

未だに4回生だという事実にどこかびっくりしている自分がいます。もう10月なのに…

 

どうなるんだろうね

こんなのできたらいいね

 

先輩達の卒業公演を観ては、想像を膨らませて同期と盛り上がっていたのがつい最近のよう。

もう来年には卒業って頭ではわかっているけど、時間に置いてけぼりにされているかのような感覚。

 

とはいえ、そんな悠長なことは言ってられません。

時間は待ってはくれませんものね。

でもコロナの影響で、特に去年は無理矢理時間を止められた、いや時間は進んでるけど身動きできない時間が多くて。

余計に月日が経つのが早いなと感じたものです。

それでもこの状況下になっても、演劇をみんなで続けてこられていることに、この時間はすごく幸せなんだなと日々実感しています。

 

 

最近はというと、9期生で話し合ったり構想を練ったり基礎練したり話し合ったり悩んだり…

みんなで手探りしながら、補い合いながら何とか少しずつ固めていこうと、どうにかこうにか土台をつくろうと頑張っているところです。

 

そして、学生だけでつくり上げていくことの難しさを痛感しています。本当にたくさんの人に、たくさんの仕事に支えられて公演ができているんだと改めて感じています。

まだまだ製作途中で、どんな作品になるのか自分でも予想がついていません。

2月に向けて、最高の舞台をお見せできるように、今後も全力でつくっていきます!

 

 

卒業公演の詳細、そしてこれからの9期生のブログ更新も楽しみにお待ちいただけたら幸いです。

僭越ながら先陣を切らせていただきました、小林明葉でした。

 

それでは!

四国学院大学 演劇コース 高校生のためのガイドブック2021

厳しい残暑が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
お久しぶりです。SIPAの村川です。

 

今日は四国学院大学 演劇コース 高校生のためのガイドブック2021についてご紹介します。f:id:miku392:20210903072746j:plain

 

今年のガイドブックには、高校生に向けてSARP20回記念公演に関わった俳優・スタッフたちが、”オーディション~本番”までの過程について紹介する「教えて先輩! 授業“舞台芸術公演(SARP)”って何するの?」を掲載しています。

 

稽古の様子や作品創作の過程をこのブログでも紹介してきましたが、学生たちのインタビューをもとに、SARPがどのような授業なのかを分かりやすく紹介しています。

 

また、ガイドブックには演劇コースだけの返済不要の奨学金についても、掲載しています。演劇に興味がある・・・、大学を迷っている・・・方は、ぜひご覧ください!!

 

 

四国学院大学 演劇コース 高校生のためのガイドブック2021は下記リンクよりご覧ください。

http://www.notos-studio.com/Publications/guidebook2021

 

 

 

 

 

ただ愛するものを信じて

はじめまして。2回生の大喜多里奈です。
今回のオムツかぶれ公演では、舞台美術で関わらせていただきます。




今回の舞台美術の裏テーマは、「色」と「人の心」です。


「色」は使い方によって、様々な事を伝えることができるのではないかと私は思っています。



例えば今回の緑色のイメージは、品性、優雅さ。ひんやりとした温度。

赤紫のイメージは、肉体の内側や普段は目に見えないもの。

明るい水色は、爽やかさや清廉さ、快適さ。

深い茶色は、温かさや柔らかさ。




すべてがプラン通りにいくとは限りませんが、今回はあっと驚く美術というよりは、みなさんが作品から受け取れるものを、更に深めていけるような仕事をしたいと思っております。



ただ美しいものを作ることは訓練すれば誰でもできることですが、
ひとつの種から、深く深く根を張らせて、たったひとつしかない花を咲かせることは、容易な道ではありません。


ただ信じて、愛という血を作品に通わせ続けること。
私はそれが芸術だと思っています。




私はこの大学に入り、初めて舞台美術をプランしたとき、エス・デヴリンのような舞台美術家になりたいと思っていました。



彼女が手掛けるのは、戯曲を翻訳し、共に戯曲を書くような舞台美術。

それは演劇が行われる場所としての舞台美術ではなく、思考や感情、精神の記憶的空間です。




今回は写実と抽象の狭間で、モノ、色、形、から空間を表現しますが、
ただの「演劇が行われる場所」ではない、特別な空間にできたらなと思います。




まだまだ未熟な私ですが、周りの人に助けられながら、こうして演劇に関われていることを本当にうれしく思います。


今この瞬間を大切に🎵


みなさんが来て良かったと心から思える舞台になるように。


ご予約はこちらから!☺

劇団オムツかぶれ公演『キョウセイ』 | 公演・イベント | ノトススタジオ | 四国学院大学

衣装の目黒です

衣装の目黒です。3回生です。よろしくお願いします🙉

 

仙石先生にお声かけいただき、今回も劇団オムツかぶれ公演『キョウセイ』に衣装として関わらせていただくことになりました。光栄でございます🐒

 

とてもとても豪華なメンバーのこちらの座組、同じ空間に私もいれることがめちゃくちゃ嬉しいです、、、

稽古に行く度オシャレしなきゃ!!と思います。

 

今回の作品はほとんど讃岐弁で書かれています。自分の生まれた場所や日常話している言葉が戯曲になっていると、とてもそわそわします。親近感のような、何故か新しい言語のような新鮮な感じ、私も自分の方言喋りまくってもいい作品でたいなあと思いながら稽古を見ています🙈

大袈裟に言うと日本人が作った全編英語の作品をイギリス人の方が見ている感じです。

きっと観に来てくださる方の中にも香川の方が沢山いらっしゃると思うので普段のお芝居とは違う、自分たちの普段話している言葉なのにそれが舞台に乗っているという、いい違和感を感じられると思います。

お話も、とても面白いです。

私も衣装係と言いながらも作品の内容にバチ興味津々でございます。

本番がとても楽しみです🐵

 

お席の方まだ余裕あります!!

お時間ありましたらぜひ観にいらしてください🙊

 

こちらから予約できます👇

劇団オムツかぶれ公演『キョウセイ』 | 公演・イベント | ノトススタジオ | 四国学院大学

 

目黒眞子でした。

 

 

じっくりコト言葉

ブログをご覧になっている皆様、こんにちは。

突然ですが、

 

ああ言えばよかったな、こう言えばよかった・・・

どうしてあんなことを・・・

 

という風に、自分の発言を後々思い返してはめそめそしてしまうこと、ありませんか?

 

ご挨拶が遅れました、4回生の山西伶奈です。

前述した通り、私は言った後に後悔する質でして、毎度の事ながら言葉の重みや大切さを身に染みて感じているのですが、『義経記 REMASTER』の語り役になったことでより一層、「言葉」が持つ魅力について考えるようになりました。そこで今回は、私が面白いな〜、いいな〜と感じた言葉の魅力ベスト3をご紹介しようと思います。

なんだか長くなりそうな気配がしますね・・・お茶とお饅頭の準備必須ですよ。

それでは参りましょう。

 

デデン!

 

私が面白いと感じた言葉の魅力その1

心地好い音は、読んでいても聞いていても、気持ちがいい!

 

・・・どういう事だ? って思いましたよね。例えば俳句の五・七・五。読んでいても聞いていても苦にならない、すっきりした形です。たとえ五・七・五で区切れない台詞でも、区切る箇所や間の置き方などによって、良くも悪くも与える印象を変えることができます。面白いですね。

義経記 REMASTER』では、古語や現代語、それらが混ざったような台詞が出てくるのですが、どう工夫すればお客さんの耳に心地好く聞こえるのだろうかと、たくさん悩みました。

 

では、次。

ドドン!

 

私が面白いと感じた言葉の魅力その2

言葉の「遊び」。

 

これは見たまんまの、言葉遊びのことです。簡単な例だとダジャレがありますね。今回の劇中にもありました。観劇してくださった皆様は、お気づきになりましたか? 稽古前や休憩中にも、ダジャレが飛び交うことが何度かありましたが、喜んでいるのはいつも私だけでした・・・

 

そして最後。

ババン!

 

私が面白いと感じた言葉の魅力その3

言ったことは本当(本物)になる!

 

「言霊」ってやつですね。暑い時に逆に「寒い」と口に出してみる。すると、あら不思議。少し涼しくなってきたような〜みたいな感じです・・・え、違う?

語り役のお仕事としては、この「言霊」が非常に大切だと私は考えています。と言うのも、本来は目に見えていない風景を、言葉だけでお客さんに伝えなければならない。つまり、言葉でお客さんの想像を掻き立て、あたかもそこに何かがあると思わせる必要があります。そのためには、自分が言う言葉の意味を全て理解して、自分自身にもその風景が見えていなければなりません。監修・補綴の木ノ下さんにも、演出の西村先生にも、たくさんアドバイスをいただきました。

 

以上、長くなってしまいましたが、この場をお借りして、ご来場いただきました皆様、キャスト・スタッフの皆様、今回の公演に携わってくださった全ての方々に、感謝を申し上げて終わろうと思います。

本当にありがとうございました。

 

それではまた、いつか。

空には月...朧の月...みえない

5月26日

私は部屋の電気を消して、アパートのベランダから『スーパーフラワー・ブラッドムーン』を一目見ようと夜空を見上げていたのですが...。

あいにく黒い雨雲がかかり続けて遂にはポツポツと雨が降ってきてしまい断念。

 

スーパームーン・・・大きな満月

フラワームーン・・・花咲き乱れる5月の満月

ブラッドムーン・・・赤く見える月

 

綺麗なのか禍々しいのかよく分からない想像を掻き立てる月の名前。どんな風にこの目に映ったんだろう。

 

ネットで調べてみるとこの月食

(魂を目覚めさせて変化を促す天文現象。この時期に力を解放し新しいスタートを切ることで、人生を変えるほどの影響が期待できる。)とあり、

見てしまったら何か自分の中の根幹が揺らがされてしまうような漠然とした恐怖を覚えたので、見なくて良かったのかもとも少し思います。

 

 

こんばんは。

本当にお久しぶりにこのブログを書かせていただきます。

演劇コース6期生、卒業生の高橋なつみです。

大学の初SARPの時に一緒だった同期の池田友里ちゃんとまた一緒にやれた事、個人的にすごく嬉しく思ってます。

 

 

義経記 REMASTER』

SARPの20回記念公演、本当に嬉しいことに卒業してもまた関わらせていただけて幸せでした。

 

ご縁を作っていただき、無事にノトススタジオ公演の千秋楽まで迎える事ができて、現在、雨模様のベランダで文章を打ちながら様々な感情と向き合っています。

 

 

千秋楽の日は23日でー今は日を跨いで27日

なのでもう4日ですか。

 

早いなぁ。

あっという間。

毎日、義経記ロスを起こしてました。

早く皆に会いたいです。

 

 

思えば稽古が始まった時、

まだ登場する人物の事もよく知らず、義経様の事さえ本当に少ない知識しか無くて、でも、『平家物語 REMASTER』からの方々の知識量はものすごくて、

「スタート地点から遅れてる!まずい!ひええ!」と私はひとり焦ってました。

 

開催された勉強会の皆さんの発表を聞きながら、もっともっと頑張らないとついていけないぞと更に焦る日々も続きました。

 

しかし、働いてから遅れて稽古に参加する私に、座組みの皆さん(全分野の方々)が色んな情報を共有してくださって、毎日色々と教えてくださって。

あぁ、なんて優しいのか。なんて素敵な座組みなんだろうか。好きだなぁ。

段々と、日々の不安は無くなっていきました。

 

 

新鮮だった稽古は、摺り足です。

毎日、脚本の稽古の前にノトススタジオを2周する。

摺り足ルーティンで集中力を高めていく。

木ノ下さんが

「研ぎ澄まされた状態でお稽古に」と仰ってた感覚。

 

参加できない日もあったのですが、やるのとやらないのとでは稽古にいる自分の状態が全然違うことに驚いた。

 

腰をしっかり落として

大地をちゃんと踏み締めて

自分の軸をピンと張って

前を見据える

 

劇場に舞台を組んで本番間近になると、全体でこれをやることはできなかったけれど

稽古前に少しやると『舞台に居れる』状態になるので、裏でちょこちょことやってました。

何しろアガってしまうタイプなので、落としておくってのは本当にいいですね。

 

 

でも腰を落とすって加減も難しいですね。

本番、静御前の舞で腰を落とす所があるのですが、千秋楽にたぶんかなり全力で腰を落とした為か、膝痛と闘っています。

(とんでもなく痛いわけではないので大丈夫です)

(むしろ膝をもっと鍛えて、もっと腰を落として舞いたいですって意気込んでます)

 

 

本番が明けてからは

毎公演、作品を届けられる喜びを噛み締めてました。

 

誰が悪いわけでもないけれど、世の中にも私自身の中にも様々な事が起こり、演劇を続けられる事や作品を届けられる事が、自分にとっていかに大事で幸せな事かと気付かされた今日この頃。

 

いらない人にはいらないかもしれないけれど、

私にとっては本当に大切な、誰かの人生を記憶すること。想像すること。

 

この作品は義経記に出てくる人々の人生を描いているけれど、

ノトスに足を運んでくださった方が義経に自分を重ねて涙を流したように、仲間の忠義に胸打たれたように、

実在してもしなくても、誰かの人生を記憶して想像することって、

例えば観た人にとっては自分と重ねて自分を孤独にさせないものであったり

例えばその魂(役)を独りにさせずに一緒に生きていけるんじゃないかと思うので、演劇というツールが私には必要なんだなって思います。

 

 

まとまらない私の思いを書いてしまいました...。スーパーフラワー・ブラッドムーンの力で頭こじ開けられてる感じもします。

(見えていないけれど)

 

 

ノトススタジオ公演、無事にお届けできてよかったです。

 

色々と大変な世の中ですが、足を運んで観劇に来てくださった方々に心から感謝しています。

 

そして木ノ下さん、西村先生、阪本先生、座組みの皆様、関わってくださった全ての方々、

本当にありがとうございます。

 

高橋はこの作品が大好きになりました。

内子座公演、本当に実現しますように。

その時まで邁進してまいりますので、皆さま、どうぞよろしくお願いします!!

 

なんだか詰め込んじゃって読みづらい文章になったような、、

ご容赦ください、、。

 

書き綴っていたら雨は止みました。

そうか、今日は皆に会える日でした。朝になる前に眠ります。おやすみなさい。

源頼朝のプレッシャー

おはようございます!

半年休学によりもう少しだけ4回生の大平峻世です。

一生懸命ブログを書きます!よろしくお願いします!

 

稽古開始から怒涛の一ヶ月が過ぎ先日『義経記 REMASTER』の千穐楽を迎えました。

初めに、ご来場いただきました皆様、感染リスクを考え観劇をお控えくださった皆様、座組、その他本公演の関係者の皆様全員のおかげで1ステージも欠けることなくノトススタジオでこの作品を上演できたことに心から感謝しております。ありがとうございました。

 

今回のお芝居では、義経の兄で鎌倉幕府初代将軍の源頼朝を演じさせていただきました。演じた感想は「ああ、演じるプレッシャーすごいな~」といった言葉にするとなんとも薄っぺらいものです。

稽古に入る前の段階から源義経の逃亡劇を描いた「義経記」が題材ということは決まっていたので、一通り義経周辺のリサーチを行っていましたが、そのなかで一番心惹かれた人物が源頼朝でしたので、稽古期間に配役が決まったときには人目を忍んで舞い上がったのをよく覚えています。

2年前の2019年7月に上演した『平家物語 REMASTER』の続編という立ち位置で創られた本作は、前回同様、木ノ下歌舞伎主宰の木ノ下裕一さんを監修・補綴としてお招きし、本学の准教授である西村和宏先生と阪本麻郁先生が演出・振付という形で稽古に入りました。「道行」という形式で描かれた義経の一生が本作品の特色ですので、少し源頼朝の「道行」について触れていきたいと思います。(道行とは次々と地名と特色のある風景を詠むことで人の旅を表現する形式です。)

 

尾張 平安京 伊豆の蛭ヶ小島 石橋山 真鶴岬 相模湾 安房の竜島 相模の鎌倉 駿河富士川 

 

と、源頼朝は日本各地を転々とします。(間違ってたらすみません)詳しく知りたい方は鎌倉時代に成立した歴史書吾妻鏡」をお読みください。

最後に書いた駿河富士川は、義経源頼朝の挙兵を耳にし、平泉から抜け出し会いに行った場所です。兄弟の再会の地です。

ここから源平合戦を挟み、平家が滅び、時の英雄・源九郎義経は兄に追われ、平泉まで逃げ自害に至り、「1192(年)作ろう鎌倉幕府」が誕生します。(最近では鎌倉幕府誕生は1185年らしいですが、僕は断固として1192年派です。)

 

ざっと歴史を振り返りましたが、「義経記」での源頼朝の役割は義経の殺害です。

これが難しいんですが、お芝居をする上では、源頼朝義経を殺害した理由・感情を明確にしなければなりません。ただ、この2人の間に存在する感情は複雑怪奇です。

漠然と演技プランを考えながら、「ああ、ここが俳優としての見せ場なんだろうな~」と思いましたし、きっとこの理由1つで、義経の悲劇は英雄譚に変わっていたのかもしれないと思いました。源頼朝を演じる上でのプレッシャーを感じました。

言葉にすると相変わらず薄っぺらいんですが、源頼朝が決断することで義経は自害します。つまり『義経記 REMASTER』では僕です。

僕の明確な決断で弟を殺めます。

「む、難しいなー…」と終始ぼやいていました。

結局ノトスで出した5回の結論がお客さんに届いたのか。作品の役に立てたのか。義経の役に立てたのかは分かりませんが、個人的には、悔しい気持ちが残りました。

もっと上手い俳優になりたいという気持ちでいっぱいです。悔しい。

 

長くなりましたが、SARP20回記念公演『義経記 REMASTER』が僕の在籍中最後のSARPなので、ありったけの気持ちで書いてみました。

4年間お世話になりましたが、SARPという企画に携わった皆様にはとても育てていただいたと感謝しております。座組の皆様と後輩たち、そしてご覧いただいた全てのお客様の今後のご活躍を心からお祈り申し上げます。

お読みいただきありがとうございました。

 

内子座公演もよろしくお願いします!!