屋島から戻り、次は

 

皆さん、いかがお過ごしでしょうか。お久しぶりでございます。

3回生の太田奈緒です。またの名を、タナオです。

 

最近は暑くもなってきて、もうすでに蚊に10箇所は刺されてしまい痒くてたまりません。

あと、夏風邪も少しずつ流行ってきているような…要注意です。

 

さて、1日丸ごと、ラインナップも大変豪華な屋島フィールドワークツアーから皆で無事帰ってきて、そして今日もお稽古でした。

 

やはり、様々歩いて感じてからの稽古は感覚もどこか違う感じでした。感情が前より出てくる感覚。

そして、課題も色々浮き彫りになりました。

リアルを感じたからこそ、さらにリアルを求める。

戦いで乗っていた舟や、相手(海上の舟とか)との距離感などの物理的なリアルも勿論、そこで起きている空気のリアルをいかに表現するかの難しさに直面しているな、と感じてます。

 

f:id:miku392:20190521012624j:plain

 

屋島から戻ってからも、まだまだ資料集めをしなければなりません。

もちろん共有、話し合いも。

歩くだけじゃ足りないと実感させられました、頑張ります!!

 

 

ところで、源平合戦の戦いの舞台は主に西日本中心なのですが、色々調べると思った以上に東北と関わりの強い出来事でもあるのです。驚き。

東北出身の者としてこれも見逃せない。

 

義経が身を寄せたと言う場所、岩手県の平泉は有名です。

義経四天王の1人、佐藤継信の出身は今で言う宮城県であること。

実は私の出身地である青森県に、安徳帝が落ち延びたという伝説もあるそうです。

つがる市木造町という所に、天皇山という場所がありますが、「伝わる説」なので本当かどうか、分かりませんが…。

 

歴史はフィクション、とよく言われますが昨日色々と歩いて学んで、それを実感させられました。

 

調べて、考えて、話して、試して。

実験のようなその過程が、だからこそ、とても大事なんだなと思いました。

 

正直言うと怖い挑戦でもあり、やりがいのめちゃくちゃある今回のSARP。

今もこれから立ちはだかるであろう壁に突き当たりながらも、皆で進んでいきたいと思います。

 

 

今日の稽古の時に、公演が終わってから御礼参りがしたいと木ノ下さんや西村先生が仰っていましたが、是非ともしたいです、是非とも。

 

きちんと御礼が出来るように、精一杯、頑張ります。

 

 

太田奈緒

 

 

 

 

 

イメージを膨らませて

4回生の白井誠也です。行ってきましたよ源平が激戦を繰り広げた地屋島へ!
 

f:id:miku392:20190520010724j:plain

 
源平合戦において、屋島の戦い那須与一の『扇の的』、義経の『弓流し』、佐藤継信の『嗣信最後』等、印象的なエピソードがとても多い戦いです。そんな激戦の地に実際に足を運ぶことによって、座組のみんなは想いを馳せ、イメージを膨らませることできたと思います。きっと今後の稽古、そして本番に大いに生かすことが出来る体験だったでしょう!
 
僕自身最上級生として参加する初めての公演であり、やる気に満ち満ちている状態です。後輩たちの手本となれるよう、そして、皆さんに素晴らしかったと言ってもらえるような公演にできるよう頑張ります!
 
死にものぐるいで戦った源氏と平家のように、僕も死にものぐるいで自分自身を高めていきたいと思います。期待していて下さい。

屋島の前日✴︎

皆さんこんにちは!!

四国学院大学パフォーミング・アーツ研究所

通称:SIPAの青木です!!

実は、私演劇コースの卒業生なのですが

今は大学内にある演劇コースの事務所で

学生のサポートをする立場として関わっています!!

f:id:miku392:20190518204910j:plain

今日は明日行われるフィールドワーク

(屋島の旅)のしおりを

作成しておりました!!

明日は座組の行けるメンバーで平家物語

出てくる屋島の勉強をしてきます!!

最近暑くなってきたのでしっかり熱中症対策をしたいと思います!!

f:id:miku392:20190518205133j:plain

皆様もぜひ屋島の戦い那須与一について勉強してみてくださいね!!

稽古5日目

はじめまして、一回生の木村伊蕗です。

 

今回、人生初の演者をさせていただくことになりました。

毎日稽古前には緊張で心臓が破裂しそうなものです。素人なので至らない点は多くありますが、何卒よろしくお願いいたします。

また、人生で初めてブログなるものを書くので勝手が分からず、緊張しております。

 

私事が多くなってしまいました…。

 

さて、SARPvol.16の稽古は5日目となりました。

毎日のすり足はまだ慣れず、いまだASIMO君のような動きになってしまいます。もっと練習しなくては…。

それはさておき、本日も新しいシーンが追加されましたね。

 

f:id:miku392:20190518165102j:plain

 

『先帝身投』より、事を伝え去っていく知盛に二位の尼が声をかけるシーン、私は涙腺に来ました。やはり先輩方は凄いですね…。

私も役を預かっている身故、頑張らなくては!

他にも、扇子の使い方を教わったり、平家と源氏に分かれて斬りあったりと、本日も楽しく素晴らしい経験となった稽古でした。

また来週からの稽古が楽しみです。

 

皆様、一週間お疲れ様でした。

土曜日は稽古が休みなので、どうぞごゆっくりとなさって下さい。

また、日曜日はFWがありますので、体調にはお気を付けを。

 

 

稽古3日目!

初めまして、2回生の門田優花です。


カドちゃんって呼んで下さい!

SARP vol.16稽古3日目に突入しました!


すり足の稽古に明け暮れる日々ですが、みんな筋肉痛と戦いながら一歩一歩、前進しています。


今回のSARPは『平家物語』が題材になるとか、、、


高校時代逃げに逃げてきた歴史の勉強を、20歳になって一から学ぶとは思ってもいませんでしたが、木ノ下さんのお話がとても面白く、無意識に図書室に向かい日本の歴史について調べていました!

高校の歴史の先生が木ノ下さんだったら良かったのになぁ、、‪( ⸝⸝•。•⸝⸝ )


少しずつですが、形になってきています。


f:id:miku392:20190517084304j:plain


これから、どんな作品になっていくのか、ドキドキとワクワクでいっぱいです!!

最後まで頑張りましょう!

源氏か平家か

こんにちは。3回生になりました、江島慶俊です。

SARP vol.16にて、演者として関わらせていただくことになりました。

今回のSARPは、「木ノ下歌舞伎」主宰である、木ノ下裕一さんと、本学准教授・演劇コースメジャーコーディネーターである西村和宏先生とのタッグでの演出となります。

どんな作品に仕上がるのか、ワクワクしております。

 

さて、稽古場の様子ですが、

今回の作品の題材は、「平家物語」だと知らされております。

みなさん学生時代に多少は勉強するであろう、

平安時代の大勢力、平家の、繁栄と滅亡を描いた物語ですね。(私はなぜか勉強した記憶がありませんが…)

題材にするとなると、知らないわけにはいきません。改めて、平家物語、というか、げん源平合戦からその周辺の時代背景まで、まずは学習です。芝居より先に、お勉強です。

 

私たちのため、木ノ下さんはなんと、稽古場で「平家物語」についての講座を開いてくださいました。

さらに、源平合戦題材の歌舞伎「義経千本桜」の映像を皆で鑑賞。

さらにさらに、少し昔の大河ドラマ「新・平家物語(総集編)」も鑑賞。

全て木ノ下さんの解説付きです。至れり尽くせり。

平家物語について、勉強した記憶のない私でしたが、この講座や映画鑑賞を通じて、どんどん興味が湧くようになりました。源平合戦、長き歴史の中での、男達の戦い。ロマンですね。

 

ある日、「源氏派?平家派?」といった話題が上がりました。

当時武士2大勢力のうち、どちらが好きかと聞かれると、なかなか難しいものです。

戦の最中でも、貴族としての振る舞いを忘れない、平家も好きですし、

最後の最後まで、打倒平家を貫き通した源氏も好きです。

また、武将各々に深いエピソードがあったりして、なかなか選べません…。

強いて言うなら、幼少時代、鞍馬寺に居たころの、源義経が好きです。

寺生活する一方、天狗(実は源氏側の武士という噂)と修行しながら、山の中で成長し、でも、自力でお母さんのとこに会いに行っちゃうっていう、(諸説あり)強くてもやっぱり子どもなんだなーってとこが好きですね。

話は変わりますが、源平合戦中の子どもらが、結構不憫でなりません。

大人の事情で誘拐されたり、母親と離されて僧になったり、極寒の中、自軍とはぐれぼっちになったり、入水したりと…

でもそれだけ、激しい戦いだったのだなと感じます。ロマンですね。

 

稽古場では、平家物語原本のテキストを台本として、読んでみたりしています。

言葉遣いの難しいこと。単語の意味も、現代語訳がないと読めません。これまた木ノ下さんの解説で、テキスト1つ1つを読み解きながら、台本を読み進めていきます。

読んでみると、この題材が、難しい題材であると感じます。

人物は850年近く時代が違う、戦時中の、諸説ある人物像を私達演者は想像し、演じなければなりません。

 

題材について知り、人物像を想像、共有することが、今回の創作活動の課題になりそうです。

がんばっていこうと思います。

 

江島慶俊

4回生の綾です。

暑い日が続いてますね。
少し前までは何を着るのか悩んでいましたが
今は完全に夏の服装です。
夏が近づいていることを感じます。


SARPvol.16 2日目の稽古では演技やすり足の稽古をお休みし、全員で『新平家物語』を見ました。
f:id:miku392:20190515154722j:plain
映像で見ることでそれぞれの出来事がイメージしやすくなりました。
また、原作との違いや人物像についてなど気づくことがあり面白かったです。
まだまだ知らないことばかりなのでもっと勉強していきたいと思います。
SARPvol.16ではどのように描かれるのか楽しみです!!